介護業界で転職する際に失敗しないためには

【おすすめ記事】ブランディングも重要

失敗しないために

失敗しないために

待遇

介護リーダーとしてキャリアアップを狙うためには、転職に失敗しないための心得を学びましょう。まずは、よくある転職失敗理由を挙げていきます。
転職で最も後悔するポイントとして挙げられるのは「想定していた待遇より悪かった」というケースでしょう。給与に関しては、基本給だけでなく資格手当や役職手当、夜勤がある場合は夜勤手当にも注目してください。休日を取得しやすいかどうかは求人票だけでは判断が難しいです。また、今後キャリアアップを狙う場合は管理職のポストが空いているかどうかも重要です。いくら努力しても昇進できないのであれば意味がありません。加えて、福利厚生が充実しているかどうかも重要です。

仕事内容

次に転職失敗理由として多く挙げられるのが「仕事内容」です。介護施設には特別養護老人ホームやグループホームなど様々な種類があります。それによって仕事内容も大きく違いますので、どのようなサービスを提供しているかを事前に確認しておく必要があります。待遇だけでなく、具体的な仕事内容にも注目しましょう。介護リーダーとして転職しても、それは名ばかりで実際には現場の介護業務ばかり担当させられる可能性もあります。また、教育体制が充実しているかどうかも確認しましょう。教育体制が整っていない職場の場合、いつまでたってもスキルアップできません。

人間関係

チーム全体で業務を進めていくため「人間関係」も重要です。人間関係は掲載されている求人情報を見るだけでは分かりません。実際に働いてみなければ見えてこない部分が多いのも事実です。介護職は女性が多いので、面倒な派閥争いに巻き込まれる可能性もあります。それが精神的な負担になり、早期退職につながるケースも少なくありません。

確認すべきポイント

以上がよく挙げられる転職失敗理由ですが、これらの情報を事前に収集するためにはどうすればいいのでしょうか。まず、求人情報を見ただけでは分からない部分に関しては、面接時に確認しておくべきです。有給休暇の取得率や離職率などは、働きやすい環境かどうかを見極めるために重要なポイントです。もし、質問をしても返答が曖昧なようなら気を付けましょう。ネガティブな部分を隠している可能性があります。また、施設見学が可能であれば必ず申し込んでください。実際の職場の雰囲気を確認できます。スタッフや利用者の表情を観察して、暗い雰囲気が漂っていないかどうかをチェックしましょう。施設見学時は、施設内の清潔さにも注目してください。清潔に保たれていないのであれば、業務に対する意識が低い職場であるといえます。

環境を変えたい人へ

転職でキャリアアップ

転職でキャリアアップ

求人の探し方

介護職の求人の探し方にはいくつか種類があります。その中で最もスムーズな方法は転職エージェントの利用です。特に、初めて転職をする人におすすめです。様々な転職サポートを無料で提供してくれます。

介護リーダーを目指す方へ

これからの介護業界で大きな役割を担う介護リーダーについて、詳しく紹介していきます。優れた介護リーダーになるために、当サイトの情報を参考にしてください。【これからの日本を担う介護リーダーになる お問い合わせ窓口】