介護リーダーという仕事

【おすすめ記事】失敗しないために

どのような仕事なのか

どのような仕事なのか

介護リーダーは現場の介護スタッフのまとめ役です。介護や福祉に関する専門的な知識やスキルだけでなく、チームを引っ張っていくリーダーとしての力が求められます。国としても需要が伸び続ける介護業界における重要なポジションとして、人材育成に関する教育内容の見直しを積極的に推し進めています。介護リーダーに求められる能力として厚生労働省が提唱しているのは、「高度な知識・技術を持つ介護の実践者としての能力」「介護技術の指導者としての能力」「グループで提供するサービスをマネジメントする能力」の3点です。

リーダーとは「スタッフをまとめて全体の目標を達成する組織人」のことを指します。職種としてのリーダーと役職としてのリーダーは全くの別物であり、真のリーダーには現場を俯瞰して観察し、目標を達成するための提案や改善を行う力が求められます。介護リーダーが注視すべき指標は「離職率」「事故率」「利用率」の3つであり、それぞれの数値を冷静に判断しながら、ベストな環境を整えていく必要があります。また、「謙虚さ」「素直さ」「向上心」といった心構えも必要です。

介護リーダーの給与は職場によって異なります。役職手当やボーナスの支給額に大きく左右されるためです。ただし、手当があるので一般の介護スタッフより高いことは確かです。休日に関しては現場の責任者ということもあり、タイミングによって取得しづらい場合もあります。介護リーダーとしての経験は、今後のキャリアアップにも役立ちます。資格の受験要件に責任者としての勤続年数が含まれるため、介護リーダーを経た上で施設長などにステップアップすることも可能です。

環境を変えたい人へ

転職でキャリアアップ

転職でキャリアアップ

求人の探し方

介護職の求人の探し方にはいくつか種類があります。その中で最もスムーズな方法は転職エージェントの利用です。特に、初めて転職をする人におすすめです。様々な転職サポートを無料で提供してくれます。

介護リーダーを目指す方へ

これからの介護業界で大きな役割を担う介護リーダーについて、詳しく紹介していきます。優れた介護リーダーになるために、当サイトの情報を参考にしてください。【これからの日本を担う介護リーダーになる お問い合わせ窓口】