介護リーダーとしてチームの連携を強化する方法

【おすすめ記事】待遇と将来性について

チームの連携を強化するコツ

チームの連携を強化するコツ

情報共有の機会を増やす

介護サービスはチームで提供するため、チームの連携が上手くいかず情報共有ができていなければ、質の高い介護は実現できません。情報共有の機会はできるだけ多く設けるようにしてください。例えば、月に1度だけのミーティングでは話し合う内容が滞ってしまい、いつまでも問題解決に向けた取り組みができなくなってしまいます。また、ミーティング自体の時間も長引き、無駄な時間を過ごすことになります。おすすめなのは、毎日10分程度の小規模なミーティングを開く方法です。タイミングは朝の申し送り時や昼休憩直後など、ある程度スタッフの数が揃うタイミングが望ましいです。本日の予定や現状の課題、進捗状況など必要最低限の情報共有を行い、時間がかかりそうな内容は後日に回します。問題がなければすぐにミーティングを終わらせ、業務に取りかかりましょう。
この方法を続けていれば、何か問題が発生した際にも即座に情報共有ができるため、報連相の不足から起こる不備を防げます。スタッフ同士が会話をする機会も生まれるので、チーム全体の風通しがよくなります。

他職種とのコミュニケーション

介護リーダーは介護スタッフだけでなく他職種とも連携します。特に、医療分野の責任者である看護師との連携が重要です。看護師は「病気の治療」を目的とした処置を主眼に置きますが、介護職は「その人らしく生活すること」を目的としています。立場の違いから対立が生まれることも多く、その結果連携が乱れチームが崩壊する可能性もあります。そうならないようにするためには、自分と異なる意見を主張されてもすぐに反発せず、「ご指摘の件は私も重要だと思いますが」などと前置きを入れ、相手の立場を尊重するようにしてください。また、感情論ではなくエビデンスや客観的なデータを基に会話を進めるようにしましょう。介護職は利用者にとって最も身近な存在であり、利用者の状態を細かく把握しています。その点に関しては自信を持ってください。

会話量が大切

連携強化のコツとして最もおすすめでシンプルな方法が、「会話量を増やすこと」です。単純なことですが、チームワークのよさと会話量の多さは比例します。介護リーダーとして、積極的に周囲へ声をかけるようにしてください。落ち込んでいる様子のスタッフがいたら、何があったのか聞いてみましょう。業務に関する内容であればアドバイスできるかもしれませんし、仮にプライベートな内容であっても話を聞いてあげることで相手の心が軽くなるかもしれません。「何かあったら話を聞きます」という姿勢ではなく、「何かありましたか?話を聞きますよ?」と、こちらからアプローチする姿勢が大切です。

環境を変えたい人へ

転職でキャリアアップ

転職でキャリアアップ

求人の探し方

介護職の求人の探し方にはいくつか種類があります。その中で最もスムーズな方法は転職エージェントの利用です。特に、初めて転職をする人におすすめです。様々な転職サポートを無料で提供してくれます。

介護リーダーを目指す方へ

これからの介護業界で大きな役割を担う介護リーダーについて、詳しく紹介していきます。優れた介護リーダーになるために、当サイトの情報を参考にしてください。【これからの日本を担う介護リーダーになる お問い合わせ窓口】