介護リーダーとして自身のブランディングをする

【おすすめ記事】失敗しないために

ブランディングも重要

ブランディングも重要

ブランディングをしよう

介護リーダーとしてチームを引っ張っていくためには、他人や環境に振り回されず主体的に行動する力も必要です。そのためにはブランディングが重要であることを理解しましょう。自分と向き合うためには信念や価値観をあらためて見つめ直し、具体的に考える必要があります。スタッフと共有できる自分の信念を明確にしてください。以下に、その方法を紹介します。

自分なりの理念・信念を考える

まずは、「自分の勤める施設が提供しているサービスが、なぜ世の中にとって必要なのか」を考えて、書き出してください。その上で、「自分が大切にする価値観や思い、そして何のためにこの仕事をしているか」を考えましょう。最後に、「この施設は何のためにあるのか」を考えてください。勤める施設が世の中に必要とされている理由と自分の価値観を重ね、一言にまとめてください。これが、自分にとっての理念・信念となります。

差別化をするために

自分の理念・信念を明確にすることを、一般的に「ブランディング」と呼びます。一般企業ではかなり前から取り入れられており、他社と自社を差別化するために有効な方法として用いられてきました。そして、需要が急激に伸びている介護業界においてもブランディングは必須となりました。社会情勢が目まぐるしく変化する現代において、利用者やそのご家族の価値観も大きく変わってきています。例えば、クレームの内容ひとつをとっても変化しています。介護保険制度が始まった当初は介護の内容そのものに対するクレームが多い傾向にありました。「おむつの仕方が悪い」などといったものです。しかし近年は、その周辺に起きる事象にクレームが集まっています。具体的には、「スタッフの言葉遣いが気に入らない」「あいさつができていない」といった内容です。
こういった状況の中で、利用者やそのご家族は「より安心・信頼できるサービス」を求める傾向が強まっています。今後は、「安心・信頼できるかどうか」がより重要な要素となってくるため、消費者である利用者やそのご家族からの信頼を得るためにも、確固たる信念を掲げる必要があるのです。

自分にしかない価値を

極端なことをいえば、利用者から「あなたでなければダメだ」と思われるような存在にならなければなりません。「なぜ自分でなければダメなのか」を明確にするためにはブランディングが必要です。それは、周囲からの信頼につながります。優れた介護リーダーになるために、今一度自分の理想とする介護像を明確にし、周囲にアピールしていきましょう。

環境を変えたい人へ

転職でキャリアアップ

転職でキャリアアップ

求人の探し方

介護職の求人の探し方にはいくつか種類があります。その中で最もスムーズな方法は転職エージェントの利用です。特に、初めて転職をする人におすすめです。様々な転職サポートを無料で提供してくれます。

介護リーダーを目指す方へ

これからの介護業界で大きな役割を担う介護リーダーについて、詳しく紹介していきます。優れた介護リーダーになるために、当サイトの情報を参考にしてください。【これからの日本を担う介護リーダーになる お問い合わせ窓口】